栄養科学の発展を反映するかのように、市場には多種多様なサプリメントが出回っています。派手な広告や溢れる情報の中から、本当に優れた製品を見極めるのは、大変なことです。だからこそ、ライフプラスは酵素サプリメントやその他の全製品において最高品質を有言実行とするために、厳しい管理を徹底し製造に最善を尽くしています。

栄養士の仕事は、栄養科学を学び、誰もがより健康になれるよう栄養面から改善を助けることです。専門知識をもとに、個々の活動量やストレス度、味覚、居住地、家族の病歴など、あらゆる要素を考慮に入れた食事計画を提案してもらえます。

栄養科学の中核は、人体が食べ物にどのように反応するかを究明することです。栄養士は、分子生物学、生化学、遺伝学などを学び、食品の生化学的組成がどのような仕組みで体内の代謝や生理学的反応を生じさせるのかを探求しています。

他の学問と比較すると、栄養学はまだ始まったばかりです。数々の研究で多くの事実が明らかになりましたが、まだ判然としないこともたくさん残っています。そのため、栄養学は日々新たな発見があり、私たちの考える健康はどんどん変容しています。

ただ、情報の洪水は時として混乱を招きます。インターネットを使えば何でも見つかる時代になり、わずか数秒で自分の知りたいことを見つけることができます。が、信憑性の疑わしい情報源にリンクされている例も多々あります。

私たちの食生活は、産業革命を境に大きく変化してきました。農業の工業化、ファストフード・チェーンの進出、刺激の強い広告キャンペーンの躍進、グローバル経済や勤務時間の増加など、私たちの食に影響を及ぼす要素はいくらでもあります。

食べ物の選択肢は豊富になりましたが、真にヘルシーなものが占める割合は小さくなる一方です。食品として流通しているものを把握し、ヘルシーと言えるものかどうか分析するのも栄養士の役目です。

例えば、トランス脂肪は味も保存も優れた奇跡の食品として絶賛されました。当然、既成食品のメーカーはこぞってトランス脂肪を採用しました。

ところが、このトランス脂肪が健康に悪いことが 知られるようになり、栄養科学者が各方面にその事実を通知すると、メーカー各社は材料や製法を見直しました。

しかし、健康面を考慮して改善するついでに、業界から規制期間に圧力をかけ、栄養上望ましくない成分でも低量であれば非表示でよい、とする許可をとり付けました。工業化が進むにつれて、都市の規模は拡大し続けてきましたが、社会経済上の諸事情が重なって、大都市の一部の地域から健康によい食品を扱う店舗が姿を消すという現象が起こっています。

つまり、居住地によっては望ましい食べ物が手にいらない環境になっているのです。体によい食べ物が身近になければ、食生活の改善もままなりません。栄養士がどんなに時間をかけて健康的な食事計画を練り上げたとしても、必要な食材が手に入らなければ何の役にも立ちません。

栄養学は一言では語れない複雑なものです。世の栄養士は、遺伝学や微生物学、農業技術、調理方法など、多分野に関連する栄養科学を修得するだけでなく、専門外の様々な問題にも直面する立場にあります。

しかし、栄養学としては複雑ですが、核心はシンプルです。ある栄養ジャーナリストは次のようにまとめています。

「食べるべきものをほどほどに食べること。植物性の食品を主体にしましょう。」

わたしたちにさまざまな良い効果をもたらし、健康を促進してくれる植物活性化学栄養素は、普段の食生活において果物や野菜を食べることで摂取することができます。

しかし、わたしたち現代人の普段の食生活において、植物活性化学栄養素を豊富に含む果物や野菜を十分に摂取できている人はどのくらいいるのでしょうか?

ライフプラス社では、各種栄養素を固め、サプリメントの錠剤をつくるために、一般的に使われる「ぞうねん剤」の代わりとして、ファイトザイム(植物活性酵素)を使っています。「ファイトザイム」(植物活性酵素)は、それ自体がすでに有益な栄養素となっているので、サプリメントの一粒一粒のすべてが有益な栄養素のかたまりとなっています。