ライフプラスの酵素サプリメントは、厳選された天然素材を原料にしていることには、理由があります。

いつでも手軽に利用できる加工食品が私たちの回りにあふれていますが、医師や栄養士たちは、加工食品は身体に良くないので、できるだけ自然の食品を食べるようアドバイスしています。

なぜ加工食品が身体に悪いのか、その理由を理解しましょう。

加工食品が体に悪い理由は、防腐剤、香料、着色料、増粘剤といった添加物が使われていることです。添加物には、天然成分を用いるものと、合成科学物質を使ったものがあります。

防腐剤は、食品の保存期間を長くするために添加されています。加工食品に使われる最悪の防腐剤はトランス脂肪です。トランス脂肪は、一価不飽和脂肪酸や多価不飽和脂肪を部分的に硬化(水素を添加)して作られた異性体です。不飽和脂肪を飽和状態にすることで、保存期間を延長し、風味を良くすることができるのですが、非常に不健康な性質の脂肪です。マーガリンやお菓子の原料であるショートニングに多く含まれています。

香料は加工食品の風味をよくするために使われます。出来立ての食事のようにおいしく食べられるようにするには様々な成分を足さなければなりません。

加工食品に風味を足し、保存期間を長くするために、塩分、飽和脂肪、防腐剤、人工調味料 (グルタミン酸ナトリウムなど)、砂糖が多量に使われている傾向があります。これらは摂りすぎると様々な健康上の問題を生じる可能性があるものばかりです。

着色料は色を足すだけの添加物です。着色料に関しては様々な研究が行われています。大半は特に問題ないようですが、ものによっては発がん性など体に長期的な悪影響の可能性が指摘されています。

黄色いクルクミンのように、天然色素には健康に役立つ栄養素としての役割を兼ね備えたものもあります。一方、これまでに使われてきた着色料には、後になって発がん性があることが判明した例がいくつかあります。

増粘剤など食感を改良する添加物も消費者の印象をよくするためのものです。また、削った状態で売っているチーズには、固まってしまわないように添加物が入れてあります。

欧米では3,000以上の食品添加物が許可のもと食品製造会社によって使用されています。いずれも個別には安全性が確認されていますが、加工食品において実際に行われているような組み合わせの結果については調査されていません。

最近の研究では、動物実験の結果、単独では発がん性なしとされているものでも、最少で4種の物質に補完されるだけで、発がんリスクを生じる可能性のあるものが存在することが明らかになっています。

 

このように、加工食品は安全性に疑問のある添加物がよく使われており、体に良い成分が少ない傾向があります。ヘルシーだと思って日常的に使っているものにも、余分な糖や脂肪、化学物質が大量に入っているものもあります。加工食品を購入する場合は、成分表をよくチェックしましょう。

食事全体をスーパーの冷凍食品で間に合わせた場合と、天然素材から自宅で料理した場合の差が、どれほど大きなものになるかは、皆さんもご承知のことでしょう。ん便利さを手にしたかわりに、長期的な健康リスクを負っていることになります。

ヘルシーな食材を集め、おいしく料理して食べる習慣は生命維持に必要な基本的スキルと言うことができるでしょう。できる限りのことを次世代の子供達にも教えて、毒性の広がりゆく世界でも健やかに人生を謳歌できるように育ててあげしょう。

毎日の食事で足りない栄養素を、ラウフプラスの酵素サプリメントで補っうこともできますね。